モネ展に行ってきました。

旅行会社のバスツアーで京都市美術館の“マルモッタン美術館 モネ展”に行ってきました。
晩年の抽象的な私の知らないモネもたくさん展示されていました。
e0347056_10405617.jpg
新大阪集合のバスに乗って、お昼は“祇園おくむら”のフランス料理。
器も料理も京都らしい趣のあるものでした。
e0347056_10430000.jpg
e0347056_10410715.jpg
e0347056_10411601.jpg
e0347056_10412860.jpg
e0347056_10413914.jpg
e0347056_10420109.jpg
e0347056_10421423.jpg
〆のカレー  ???
そしてデザート


美術館の前に学芸員さんからの講話でお勉強。
それが一番の目的で参加したツアーなのに、おなか一杯で半分寝てしまった~!

(昔から持っていた本から)
「私は鳥が歌うように描きたい。」
クロード・モネが彼の絵画について話すとき、彼はいつも自然の解釈者として語っている。
まわりのすべてのものを感じとり、絵に移しかえてゆく。
睡蓮やポプラ連作で同じ試みをつづけた。
夜明けから日没まで時間の変化を同じ風景で。
彼の考えにしたがって、連作はならべて展示しないといけないとモネは考えていた。

有名な睡蓮は200枚以上あるそうですね。

印象 日の出

e0347056_10404582.jpg
早速ポストカードを飾りました。
額に入っているのは“クレマチス”
e0347056_10401842.jpg
美術館のあとは、バスの出発まで【おかきた】で鶏卵うどん。
e0347056_10431530.jpg





∞Paty KobeのHP ◆◆◆
∞Paty Kobeのminneページ ◆◆◆
∞Paty KobeのCreemaページ◆◆◆
∞Paty Kobeの以前のブログ 
◆◆◆

↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
[PR]
by paty-kobe | 2016-03-23 11:29 | 日々 | Comments(0)